不動産オーナーのための賃貸相談サロン|東京、愛媛県松山市の賃貸管理会社|日本エイジェント

満室レシピ

空室対策~リフォーム活用術~ リフォームで見落としがちなポイントTOP3

2023.11.30

お部屋をリフォームするにあたり、“見栄え”というのはとても重要です。リフォームの際、一番はじめに手を付けるのは面積の広い「床材」や「クロス(壁紙)」が多いのですが、それに加えて「建具」もお部屋のイメージを左右する重要な要素だということを、以前の記事『交換する?しない?「建具交換のタイミング」とその見極め方』でご紹介させていただきました。

今回は、「建具」以上に見落としやすい、リフォームをグレードアップさせるための3つの要素についてご紹介させていただきます。

 

■リフォームで見落としがちなポイントTOP3

これまで様々なお部屋のリフォームに携わってきた私の感覚的なものにはなりますが、「ここも変えたらもっと印象が良くなるのに」と感じる、見落としがちなリフォームポイントが3つあるのでご紹介します。

第1位 タオル掛け(洗面所)

第2位 ペーパーホルダー(トイレ)

第3位 カーテンフック(リビング)

いかがでしたでしょうか?
リフォームの際に「交換しているよ」という方はいらっしゃいますか?
これらの小物は特に壊れない限り、めったに交換されることはありません。ではなぜ、交換した方がいいのかを説明させていただきます。

■「古臭さ」にも注意が必要

上記のトップ3で紹介したものの素材は、一般的にプラスチック製のものが多く、新築時や交換してすぐは良いのですが、時間の経過と共に劣化し変色、耐久度も落ち、ひび割れしていきます。貸主の想いとしては、「使えるものは長く使い、なるべく費用を掛けたくない」というのが本音でしょう。実際のところ、築30年の賃貸マンションで、これらのパーツを新築時のまま使用しているケースも珍しくありません。

しかし、劣化を伴う「古臭さ」は、せっかくリフォームしたお部屋のいいイメージを損なうマイナスポイントとして目立ってしまい、違和感を与えてしまいます。まるでその一か所だけが、何十年も前にタイプスリップしたかのように・・・。

【Before】

【Aftter】

 

■リフォームで大切なのは「トータルコーディネイト」

 リフォームをする際はどうしても大きなところに目が行きがちですが、今回ご紹介したような「小物」を新しくしたり、オシャレなものに変えるだけで、リフォームレベは格段に上がります。今まで様々なリフォームを手がけてきましたが、入居者が決まりやすいリフォームには、「トータルコーディネイト」が必須条件だと私は考えています。

賃貸物件のリフォームにおいて、内見時にお客様に気に入っていただけるお部屋を作ることが、私たち不動産会社の最大ミッションです。私は現在、ファミリー向けマンションで1年に5部屋単位でリノベーションを手がけています。現状を確認し、変えるべきポイントを自ら考え、部材の選定まで全てトータルで行っていますが、その際、古くなった小物があれば必ず手を加えるようにしています。やはり費用を掛けて行うからには、センスのいいお部屋を作り、お客様に喜ばれ、選ばれる部屋にしたいという想いがあるからです。

今後リフォームされる際は、ぜひインテリアアクセサリーにも目を向けてみてください。

リフォーム・リノベーション

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
空室対策や相続対策など、賃貸経営に役立つ各種セミナーを開催中です。
オンラインでの受講も可能ですので、ぜひご参加ください。

《セミナー参加はこちらから》
https://test-owner.a-heya.com/seminar-archive/

藥師寺 多史
株式会社日本エイジェント 資産運用事業部 プロパティマネジメント課 空室対策チーム

藥師寺 多史

「現地に何度も足を運んでのイメージづくり」を大切に空室対策のご提案をしております。空室対策については、私にお任せください!

記事カテゴリ一覧

Contact

お問合せ
  • 東京

    TEL:03-6206-3003

    10:00〜19:00(水曜定休)
  • 松山

    TEL:089-911-2510

    9:00〜18:00(水曜定休)
  • 大阪

    TEL:06-4395-5505

    9:00〜18:00(水曜定休)
#

お問合せ

Contact
#

資料請求

Request
#

会員登録

Register